HOMEオフィスの目標治療ポリシーはじめての方へアクセスマップドクター紹介スタッフ募集
はじめての方へ

いくつぐらいで相談に行った方が良いのでしょうか?

6〜8歳ぐらいの間で、できれば一度、矯正相談をされることをお薦めします。
必要であれば、十分、矯正治療を開始できる年齢です。
この時期は、噛み合わせの力を負担するのに大切な奥歯が生えてきたり、前歯が大人の歯に生え替わってきたりします。大人の歯がすべて生え揃っていないこのような時期であっても、矯正治療が必要とされる種類の歯並びがあります。このような場合、初期治療(第I期治療)をおこない、あごの成長発育や歯の交換ができる限り正常なパターンになるような治療を行います。

9〜15歳ぐらいの子供さんは、早めにご相談されることをお薦めします。
成長発育期は、性別によって、また子供さんによっても異なりますが、一般的には、成長発育が旺盛な時期です。あごや顔の骨においても成長が、積極的に起こり、年齢とともに収束していきます。この時期に治療を開始すれば、成長発育を利用することで、最良の治療結果を生み出す可能性が高くなります。しかしながら悪い歯並びを放置してしまうと、あごや顔の骨の成長もより悪い方向へいってしまう時期でもあります。
また、特に12歳前後では治療内容が変わってくる場合があります。12歳というのは、通常、大人の歯並び(永久歯歯列)が完成する年齢です。できれば永久歯歯列完成の時期に本格的治療を終了できるようなタイミングで、治療を開始できればベストです。

15歳以上の子供さんや大人の方は、少しでも早く相談されることをお薦めします。
子供さんの場合は、あごの骨の反応が柔軟なうちの方が治療しやすく、治療結果や期間がより理想的になる事が多いです。また大人の方は、相談されて自分にあった矯正治療あるいは歯科治療を検討されると良いでしょう。

基本的には矯正治療に年齢の制限はありませんので、歯並びを気にされておられる方はお気軽にご相談下さい。

*わかりやすいように年齢で分けてありますが、歯の生え替わりやあごの成長発育、口の中の状態には個人差があります。また最適な治療開始時期は、歯並びの状態によって異なりますので、専門的な知識をもって検討していく必要があります。

初診にて

治療をすぐに開始するかどうかは別として、これから先、お口の中と上手におつき合いをしていただくため、まずは口腔内の状態を把握していただきます。
そのため説明に必要な顔面写真、口腔内写真、レントゲン写真を同意をいただいたうえで撮影いたします。いまの歯並びを放置した場合に予想される歯並びや顔貌の変化についてお話しし、これらに対して私たちが提案する矯正治療とその開始時期、予測される装置、期間及び治療費等をできる限り詳しくお伝えいたします。
これらの説明を受けたうえで、治療を希望される場合は検査へと進みます。

顔面写真、口腔内写真、レントゲン写真は、矯正治療を受ける際、非常に重要な検査資料となります。矯正治療の開始を見合わせた場合でも、治療開始の際にはアゴの成長発育の予測や悪い歯並びになってしまった経緯を推察するのに役立ちます。

*矯正治療を初めて開始される方の初診相談は無料です。1時間から2時間程度のお時間が必要になりますので、必ずお電話またはメールでご予約下さい。

*他院からの転医相談およびセカンドオピニオンとしての相談は費用がかかります。

メールでの初診相談予約はこちら

治療の流れについて

1検査

初診時の資料に加え、レントゲン写真撮影(3種類)と歯の型取りを行い、骨格や歯の位置、鼻のとおりや舌の位置、あごの関節の状態等を検査します。

2診断

検査結果の報告とそれに基づく治療方針や使用装置の説明を行います。これら説明と治療に関する注意事項などについて確認とご了解をいただいてから、いよいよ治療開始です。

3ブラッシングの指導

治療中に虫歯や歯ぐきの病気にかからないように、ブラッシングを指導します。

4装置装着

徐々に慣れていただくために2〜3回に分けて装置を装着します。

5装置の調整

3〜6週間に1回のペースで定期的に通院していただきます。

6保定

歯並びがきれいになった後、後もどりを防ぐため上下取り外しのできる保定装置を入れ、動かした歯がなじむまで3〜6カ月に1回の定期的な来院で経過チェックを行います。

治療費用について

初診相談の際に、その方に応じた料金体系をお伝えいたしますので、ご理解ご納得をされた方が治療の開始となります。当日に、矯正治療を開始するか否かを決定する必要はございません。当院での料金体系は、その方の状態や、ご希望の治療法によっても異なります。

お支払い方法は、分割払いやボーナス時払いなどにも対応しております。また一括支払い割引や家族割引等もありますのでご相談下さい。

▲このページのトップへ